読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶飲み話が止まらない

~子供が寝たら一服しよう。~

「海月姫」を見た(ちょっとネタバレ)

今更だけど、「海月姫」を見た。

 

f:id:haruchanko:20170323224731j:plain

 

能年玲奈ちゃん・・・改め今は「のん」さん??って言うの??

なんか小学生が自分で付けたあだ名みたいなこの名前は何とかならんのか。

それにしてものんさんの透明感のすごいことよ。

可愛くて美しい。喋ると親近感。絶妙。

まさにクラゲ並みの透明感、海月姫そのものじゃないの。

 

でも映画の中ののんさんは海月姫ではなくクラゲオタク女子です。

「天水館」というアパートで共同生活するオタク女子が、町の再開発で」

立ち退きを求められ、自分たちの居場所を守るために闘う・・・

ざっくり言うとこんな感じ。

でもそこはオタク女子なので闘い方も一筋縄では行かず・・・ドタバタしています。

 

このおたく女子の面々がすごい個性的な役なんですが、

のんさんとアジアンの馬場園さん以外の3人、エンドロールを見るまで誰が演じているのか本気でわからなかった。

f:id:haruchanko:20170323231005j:plain

 

まやや(太田莉菜さん)と、ばんばさん(池脇千鶴さん)のふたりの絡むシーンは抱腹絶倒すぎて、話に集中できないくらい面白すぎる。

突き抜けっぷりが凄い。かっこいい!

しのぶのピアフより突き抜けてる。

f:id:haruchanko:20170323232455j:plain

こんな愛すべきふたりいないです。

 

男性陣キャストも、

女装男子菅田将暉さんに、

童貞エリートの長谷川博己さんとか・・・

ありがとうございます。

 

個性的な面々に、笑わされ癒されて、元気の出る映画です。

 

 

クラゲと言えば、土曜日に八景島シーパラダイスに行く。

シーパラは年間パスを持ってるので、ちょくちょく行く。

水族館&遊園地で使えて、しかも2回行けば元がとれてかなり使えるので、

もう3年連続でパスを更新している。

それなのに私は今クラゲがどこにいたか思い出せない・・・。

クラゲはいただろうか・・・。

土曜日はクラゲを探そう。

 

ふつうの日記

3連休はほぼ家で過ごした。

外の世界では凶悪な花粉が舞い散り踊り暴れまわっている。

外に出てなるものかと、私は極力家にひきこもる。

寄って子供たちも私と共にひきこもる。

そしてアラパの独り言がやたらと耳につく。

 

「あっ、朝バカ!。寝るのきらーい!スティーブくん。」

マイクラらしい。

 

「・・・面白いね。面白いね。西野カナは面白いね。

あっ!ニワトリ!・・・・羊か。」

????。

 

「どんな感じかな?うん!いい感じ♡」

何がいい感じなのか?

パンツをおろしておチンチンを引っ張ってた。

チンコがいい感じらしい・・・。

・・・なんか見てたら疲れた。

 

一方チャン子はピアノの発表会をなんとか無事に終えて、

解放感からかなりハイテンションだ。

発表会前日は「ピアノなんか辞めたい」と緊張からの超ネガティブモード突入で、

おさらいの前日練習で間違えるたびに「ギャオーーースヽ(`Д´)ノ」と大騒ぎ。

これ以上モチベーションを下げてくれるなと、こっちもなかなか神経を使い、腫れ物に触るように扱ってやっとこさっとこ発表会を迎えた。

終わってみれば意気揚々と嬉しそうにステージから帰ってきたチャン子。

「ママ私、来年もやるよ!!」

「・・うううううう・・・うん。」

・・・・疲れた。

 

いよいよ今週末から春休みだ。

たったの3連休でこの疲労感か・・・。

頑張ろうと思う。

 

 

子供のこと

4歳の息子、通称アラパ。

今日は年少組の終業式で、初めての幼稚園生活の1年間を無事に終えることが出来ました~v( ̄Д ̄)v イエイ。

もうとにかく幼稚園と先生方に感謝感謝の1年間です。

 

親の私が言うもの何だが、いや親のお前が言うなよって話だが、

本当に何もできない・・・猿状態で入園をさせました。

すみません、土下座~!!m(__)m。

 

オムツはとれない。トイレもできない。

着替えはできない上に、半袖、短パンは謎の拒否。

箸?持たせたことない・・・フォークも怪しい。

はさみ?もちろん無理無理~(ヾノ・∀・`)ムリムリ、言語道断!!

牛乳~~??飲めませ~~ん。

 

出来ないのではなく、やらせなかったが事実です。

可愛い可愛いばっかりで育てていたら、幼稚園入園の年になっていました・・。

先生、本当にごめんなさい土下座~。

 

幸い通った幼稚園はざっくり言えば外で自由に遊びまくってたくましく成長しろ!みたいな体験重視の幼稚園。

子供の個性は大切に育てていきましょう、という個性の強い子を持つ親にはありがた~い幼稚園。

まあ遊び時間、自由時間が主なのでそりゃあ各々個性は伸びる、というか伸び放題だ!

制服もなく体操服通園で、今どき授業カリキュラムがないので、まあまあ人気がない。

アラパのクラスも9人で、優しい先生に手厚~く見てもらえることが出来た。

 

お陰様を持ちまして、アラパはこの1年でトイレも牛乳も食事もハサミも半袖短パンも全部できるようになりました!

 

 

それでもトイレ成功はやっとの9月だし、牛乳を飲み始めたのは10月だ。

アラパは徐々にというのがない。

前日までは同じように断固拒否をしていたのが、

きっかけは謎だが、急にサクッとやりだすのだ。

トイレも急に「行く」と言い出してサクッとおしっこをして、

牛乳もその日までは一滴すらも口にもしなかったのに急に「飲む」と宣言してゴクゴク飲み始めたらしい。

前日までは「嫌だ」の一点張りだったのに・・・。

やる気スイッチが相当ややこしい所にあるらしい。

お尻の割れ目にでもあるんじゃないかと、アラパをよく知る友達が言っていた。同意。

 

幼稚園の先生はほんと素晴らしい。

そんなアラパが自主的に「やる」という日を信じて優しく見守って待っていてくれたのだから。

 

「おしっこ出来たら星野源のCDを買ってやる」だの、

「牛乳飲めたら西野カナのCD買ってやる」などの、

馬の鼻先に人参ヨコシマ作戦や、

気分次第で急に厳しく𠮟ってみる情緒不安定作戦など、

私のお粗末な試みは効果が無いどころか、

ますますアラパを意固地にさせるという火に油を注ぐ散々な結果となった。

 

だからアラパは全部幼稚園でで出来るようになって帰って来た。

幼稚園のおかげでアラパは猿から人間にやっと進化しました(´;ω;`)ウゥゥ。

先生~、本当に1年間ありがとうございましたぁ~(人''▽`)

 

そして1年間頑張ったアラパにもご褒美を!と、

今日はスーパーで好きなものを買ってあげることにした。

いつもはダメよ!の、ガチャガチャでも、おもちゃ付きのお菓子でも、

大好きなハーゲンダッツのアイスでもいいんだよ~。

アラパが意気揚々と手に何かを持って走ってくる。

ジュースかな?

・・・・・・。

ウコンの力』だった。

星野源の影響力がこんなかたちで・・・。

 

f:id:haruchanko:20170317232650j:plain

 

「それは子供は飲めない」と言う私の指摘にアラパは、

ウコンの力が欲しいのーー」っとぐずり泣いた。

恥ずかしい。

褒めたい気持ちが一気に消え失せた。

 

ごねた末、私とアラパはデカビタCで折り合った。

デカビタCロイヤルゼリーとカフェインのおかげかな・・・。

f:id:haruchanko:20170318005517j:plain

今夜のアラパ・・寝やしねえ・・・。

 

 

 

 

 

想像するだけで震えるピアノの発表会

子供のこと

週末、チャン子のピアノの発表会がある。

どうしよう・・・・まじ緊張。

発表会5日前だというのに、演奏つっかかりすぎてて、不安しかない。

本人もようやく不安になってきたらしく、今週入ったあたりからようやく焦り始めて、

ちょっとブルブルし始めた((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。

遅すぎる・・・・。

私はピアノとか全く弾けないから、アドバイスの仕様もない。

仕様もない私が考えた末、娘のチャン子に言えた言葉は、

「コンテストじゃないから!発表会だから!今のチャン子の実力を発表する会だから!だから間違えても問題ないから~~!!」。

屁理屈でちょろまかす。

親が緊張感に耐えられず発表会5日前に屁理屈でちょろまかす。

まぁ、ピアノのソロでは初めての発表会だし、緊張した1年生の多少のフリーズ

なんて、愛嬌じゃないか。

 

チャン子は4歳から音楽教室に通っている。

「ドレミファソ~ラファミ・レ・ド」のCMでお馴染みのあの音楽教室です。

チャン子は幼稚園は年中から入園したので、せめて幼稚園入園までの1年間だけリトミックでもやらせるかと軽い気持ちで入りました。

始めた頃はチャン子のリズム感のなさや音程のはずしっぷりには度肝を抜かれた。

みんなが元気に発言する中ひとりモジモジするチャン子の姿は、

いかにも「いちばん最初に辞めそうな子」候補だったと思う。

 

幼児化のコンサートでは一番簡単なカスタネットを担当し得意げに叩くチャン子。

大きな体に小さなカスタネットが涙と笑いを誘った。

 

「この楽器はなんでしょう?」と問題を出され、シンバルの写真を見て、

「タンバリン」

と答えるチャン子。

「もっとシャーンと大きい音の出るものだよ。」

と優しくヒントをくれた先生に、

「・・・シャンバリン。」と答えるチャン子。

・・・ダジャレを教わるために月8000円も払ってんじゃねーーんだよ(# ゚Д゚)!

って感じでこの頃は親の私でさえも長くは続かないだろうと思っていた。

 

ところがどっこい、今教室に通っているのはチャン子ひとりだ。

とんだ大穴、ダークホース。

進級するごとに、ただ楽しくやってれば良かったリトミックからエレクトーンの演奏へと内容は変わっていく。

翌週の教室までの1週間にきちんと復習、練習しなければついていけなくなるから、

体が動かす方が好きな子や、反復練習が苦手な子は辞めていってしまう。

最後まで一緒にやっていた子も引っ越しによる転校で、気付いたらチャン子の年代はチャン子ひとりに・・・。

チャン子は不器用で飲み込みが悪く、本人も私も教室中はかなり焦る。

その焦りと、チャン子の負けず嫌い根性が功を奏し嫌々でも練習をしながら、ギリギリのところで食らいついてなんとかここまで来たと思う。

本当、弾けない私だからこそつくづく思うのだが、

ほんとピアノを続ける人って根性あると思う。

ただ黙々とひとりの世界で反復練習。

これが出来れば、小学校の勉強などは大概頑張ることができるような気がする。

というか、物事をコツコツ続けることが身につくって感じなのかな。

 

まぁとは言っても、続いているからと言って

才能やセンスがあるとか、上手いとかいう訳ではなく・・・、

実際私は発表会5日前にしてこんなに焦っている訳で・・・、

現実は残酷なのです。

そしてこのギリギリでくらいつくチャン子のピアノ低空飛行がいつまで

続くのか・・・。良い意味で期待を裏切ってくれることを母は願っている。

せめてもうちょっと高く飛んでくれ。

 

 

うちのチャン子はジャンボリー

子供のこと

f:id:haruchanko:20170308122148j:plain

 

家の7歳の娘、”チャン子”はとても大きい。

幼稚園の頃から、クラスでも身長があたま1つ抜けてる系女子。

今は小学1年生で、最近測ってないけど、身長は132センチくらいで、

体重は33キロ、もっぱらダイエット中。

もうとってもジャンボリー!

そろそろ生理がきちゃうんじゃないかって本気でハラハラしてる。

 

気質は子供のころから癇癪もちで、2歳の時に怒りに任せてショッピングモールでポテトとコーラをぶちまけて、私を本気で泣かせたことがある。

下の子がお腹の中にいてもう臨月近い妊婦が、半べそかきながらポテトを拾うとか、

なんの罰ゲームよ・・。

 

まぁそんな娘も成長と共に「外ずら」というスキルを身につけ、小学校では超温厚キャラで通っているらしい。

担任の先生曰く、

「本当にチャン子さんは穏やかでいつもニコニコしています」だって。

聞いた私は、それはいったい誰のこと?状態。

家では相変わらず、

宿題が解けなければ「ギャオーーーヽ(`Д´)ノプンプン」だし、

鼻が詰まってる夜なんて急に起きて「この鼻がぁ~ヽ(`Д´)ノプンプン」と叫んでとギャオギャオ吠えている。

もう怖すぎて家族全員寝たふり。

ほんと外の姿は猫かぶりどころじゃない・・・。

あいつは一体何をかぶっているんだ(;^ω^)

 

そして運動神経はというと・・・残念な感じ。

そのくせ負けず嫌いだから、徒競走では走っている途中でビリを確信したらしく、

泣きべそで顔を歪ませながらゴールしていて、

その姿に私までちょっと心切なくなった・・・って言うのはうそ(∀`*ゞ)エヘヘ。

ほんとは面白可愛くてちょっと笑ってしまった母を許して。

だって家の家系で足の速い子が生まれるわけないし。

もちろんビデオに録画した徒競走の部分は、チャン子によって家族の目に触れることなく消去され葬られた。

でも、同級生の従妹がバッチリ正面から録ってたから、内緒で従妹の家で見て、

ごめんチャン子、母は涙が出るほど笑った。

 

3月に入り卒園式シーズンに入った。

昨年の今頃、丁度チャン子が幼稚園を卒園したんだ。

チャン子の通う幼稚園は体操着だったので、いちばん大きいサイズのズボンも、卒園間近にはパツパツでホットパンツみたいになってた。

お迎えに行くと、私に嬉しそうに走り寄ってくるチャン子。

笑顔はあどけないが、全速力だからその迫力のすごいこと!

毎回タックルを受け止めるようにこっちも身構えたものです(笑)。

愛のタックルはこっちも本気で受け止めないと共倒れだ。

 

そんなジャンボリーなチャン子の行動はいつも私を笑わせてくれる。

ただ本人は至って本気なので、本人の前での大爆笑はご法度。

いつも密かに、心の中で腹を抱えて笑っている。

そんなチャン子も4月から2年生。

今はもっぱら、4月の健康診断に引っ掛からないように、

チャン子おやつ禁止を実施中。

チャン子、頑張れーーー!!!

 

f:id:haruchanko:20170308122415j:plain

映画を見て(君の名は・言の葉の庭)

前前前世から君を~」って4歳の息子が鼻歌歌っててビックリした。

アンパ~ンチって毎日叫んでるその口が歌う歌か。

言わずもがな「君の名は」ですね。

私も世間の風に当てられて見ましたよ。

 

感想?

楽しめましたよ。良質の恋愛映画だと思った。

風景がきれいだった、音楽がよかった、隕石にびっくりした。

この感想じゃあ感受性あんの?って言われそうだけど、

高校生の恋愛映画、いくら時間の流れやら隕石やらがドラマチックに絡んでも、

子供2人も産んでるアラフォーおばちゃんの感想なんてそんなものだと思ってほしい。

でもきっとこれからたくさんの若人達がこの映画を見て、

「恋をしたい」「出会いたい」って自分の未来に胸を高鳴らせるんだと思う。

それって素晴らしいことだよねぇ。

やっぱり人を思う、人を思いたいって気持ちは絶対生きる原動力になると思う。

 

私は新海誠さんの作品は、君の名は以外では「言の葉の庭」しか見た事ないんです。

ぶっちゃけ「言の葉の庭」見て、新海さんの作品は、私には合わん・・でした。

なんか設定や空気観が若いというか青いというかこそばゆ過ぎてムズムズしちゃって(;^ω^)・・・思い出せないんだよ~こんな切ない感じが。

 

靴職人目指す男子高校生とか渋すぎる。

でもこの希少男子設定のベースがあるからこその、27歳の訳アリ女子との淡い恋愛?人間?模様に説得力が増すってわけなのね。

この女の人も(名前も憶えてない)、なんだか仕事行く勇気はないのに、男子高校生に何の躊躇もなく素足を見せる自信はあるんかい!?なんてもう心のすさんだツッコミを入れちゃったりして、汚れちまった自分が嫌になる( ;∀;)。

とてもじゃないけど私はカサカサの踵なんか見せられん。

 

あっ、だけど音楽は本当に「君の名は」と同様、良かったです。

雨音を思わせるようなピアノのサントラも素敵だったし、エンディングで流れた秦基博さんのRainは名曲でした。

それに入野自由さんの声は大好きなので癒されました。

最後の階段で涙ながらにぶちまけるシーンは聞きほれました。

って何だかんだ楽しんでいますね。

 

とまぁすぐにおちゃらけちゃう性分の私みたいな奴には、あの映画の中の空気間はこそばゆくて、心揺さぶられるほどの激しい惹きはなかった訳です。

そんな私が仲の良い友達に誘われてじゃあたまには映画でもと、

「君の名は」を見に行ったわけですが・・・・、

エンドロールが終わって明るくなった映画館で、隣にいる私の友達が号泣しているのを見て、ビックリした私が爆笑して、一緒に笑って・・・・、

友達が見に行って良かったと感動している姿を見れば、私もとっても嬉しくなって、「君の名は」は私にとっても良い思い出の映画になりました。

 

と、言うことで・・・さぁ、私の時間!

今夜も「ユーリ!!!on ice」を見てニヤニヤしてから眠ります。

このくらい現実離れしたファンタジーじゃないと、疲れた日々から現実逃避できない私です。

ユーリ!!!の映画化も祈っている私だけど、さすがにこのニヤニヤ顔は惹かれるどころかドン引きされちゃう自信があるので、

映画化が実現したあかつきにはひとりでコソコソ映画館に通おうと思います。

ではでは、おやすみなさ~い☆

雛祭りは誰まつり?

子供のこと

f:id:haruchanko:20170304011142j:plain

 

昨日は桃の節句、雛祭りでしたね。

家にも7歳の娘が居るので、飾りましたよ、お雛様!

お雛様は女の子が主役の行事ですね。

今もLIVE放送でなでしこジャパンが頑張っています。

十二単衣のお雛様より、彼女らの方が素敵ですよ!

 

桃の節句とのことですが、

私の家は女系家族です。

私も三姉妹の次女で婿をとり家を継ぎ、母も双子の姉で、私の父も婿です。

 

だから私の腹から男の子がオギャーと出てきたときはおったまげました。

久々の男の子の誕生に我が家カーニバルかと思いきや、

男の子が初めて過ぎて、「どうしていいのやら」の困惑状態でした。

でも育ててみたら、

男の子は女の子より女の子!でした。

家だけかもしれないけど。

 

我が家は女系家族ですから基本的に女が強い、強い。うるさい、うるさい。

女たちに、いじられても叱られてもホワホワと朗らかに微笑む4歳の息子は

もう完全に我が家の可愛い担当!

 

息子を見ていると、

男の子って純粋なんだなぁ~、優しいんだなぁ~。

だから逆に男は強く勇ましくって育てられるのかな?って思います。

 

娘を見ていると、

強いなぁ~、口わっるいな~、あっまた怒った・・・怖い。

女らしく女らしく、こら~尻をかくな~!って感じ。

まぁ私の分身だけどね。

 

家は完全に逆転してますね。

今日も雛祭りのお祝いを息子の方が喜んでたし。

ケーキとかウキウキしながらトッピングしてたし。

西野カナ好きだし。

苺とかつまみ食いしちゃって・・・あぁ~可愛い♡

 

なんか雛祭りなのに私の脳内では息子が主役になっちゃっていますが、

私も一応女子ですから、私を喜ばせて労ってくれているのかな。

 

日が変わり雛祭りは終わったが、私は明日堂々と寝坊をする予定!

雛祭りくらいいいじゃん?って理由で。

息子は許してくれるだろうが、娘は容赦しないだろう。

それではおやすみなさい!