読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶飲み話が止まらない

~子供が寝たら一服しよう。~

素敵なオザケンさん

今夜のMステに、小沢健二さんが20年ぶりに出演されるという情報を耳にし、

速攻で録画予約しました。

 

オザケンさんの曲と歌詞は本当に素敵です。

 

雨の日、幼稚園に息子を車で送り届けてからの帰り道、オザケンさんの曲を聴きながら、少し回り道をしてドライブ。私の楽しみなひと時です。

 

今夜は何を歌うのかな?って楽しみに待っていたら、

大好きな「ぼくらが旅に出る理由」だ!

あぁ~この前奏が流れ出すだけで、胸が弾みます。

なんて素敵な金曜日なんだろう。

気付いたら子供たちが一緒に口ずさんでいたのでビックリしました。

私がよく車の中で聞いたり、鼻歌で口ずさんでいるので覚えていたんですね。

 

 

それにしてもオザケンさん20年ぶりというのに全然変わってない、相変わらずスマートだし、失礼かもだけど柔らかく可愛らしい雰囲気もそのままでとっても素敵です。

 

小学校6年生の時、フリッパーズ・ギターの「恋とマシンガン」という曲を耳にしたときに「なんておしゃれな曲なんだろう」と感動(〃▽〃)ポッしたのを覚えています。

 

オザケンさんの歌やビジュアル、歌詞にさらっと出てくるスタイリッシュな都会の生活を彷彿とさせるシチュエーションは、もさい田舎の小学生の私は憧れちゃいましたね。

 

「ドアをノックするのは誰だ」という曲の中の、

寒い冬にダッフル・コート着た君と 原宿あたり風を切って歩いてる」という歌詞。キュンキュンしましたよ。

素敵~ってね。

私も絶対ダッフルコート着るんだぁ!って張り切って高校生の冬にダッフルコートにチャレンジしたんですけど・・・、これじゃない感がすごかった(´;ω;`)ウゥゥ。

私、悲しいかな「水泳やってた?」って聞かれることもある程のいかり肩。

クロールも怪しいレベルなのに。

だから着たらモグラみたいにずんぐりしちゃって、私の場合、原宿の地底をもぐってる~(^^♪って感じ。

乙女の夢は早々に破れましたね。

 

でも私は今4歳の愛息子にベージュのダッフルコートを着せて風を切って手を繋いで歩いています。相模原の野っぱら道ですが、夢は意外な形で叶いました。

この瞬間は私は乙女に戻っているんじゃないかな。

 

明日は土曜日で予定もありません。

ゆっくりオザケンさんの曲を聴こうかな。